大阪湾フェニックスセンターでは、「エコアクション21」の認証・登録を受け、ごみ減量化、省エネ・省資源活動等に取り組んでいます。

環境方針

【理念】

 大阪湾広域臨海環境整備センターは、環境の保全・創造が人類共通の最重要課題の一つであることを強く認識し、活動のあらゆる面で、環境の保全に配慮して行動します。

【方針】

「持続可能な循環型社会の実現をめざし、参画と協働の取組を進めます」を行動の目標に、廃棄物の受入及び埋立事業活動において、環境に配慮し、以下の環境保全活動を推進します。

  1. 全員参加
    全員が環境経営システムに参画し、環境負荷の低減に取り組むとともに、汚染の防止に努めます。
  2. 法令等の遵守
    環境関連の法令等を遵守します。
  3. 環境保全対策の推進
    1. 資源・エネルギーの節減により、二酸化炭素排出量の削減に努めます。
    2. 廃棄物の削減に努めます。
    3. 「節水」に取り組み、水使用量の低減に努めます。
    4. 物品等の調達にあたっては、グリーン調達を推進します。
    5. 受入基準の遵守を徹底します。
    6. 受入廃棄物等の飛散を防止します。
    7. 最終処分場放流水水質を管理基準(法令基準又はこれを下回る自主基準)以下に維持します。
  4. 継続的改善
    環境方針、環境目標は、社会情勢を考慮して定期的に見直しを行い、環境経営システムの継続的改善により、環境負荷の低減に努めます。
  5. 公開
    環境方針は、職員へ周知徹底するとともに公開します。

環境報告書(※)

  ※平成29年度から環境報告書と環境活動レポートを一本化し、環境報告書としている。

認証・登録証

eco tourokusyou

平成28年度にエコアクション21中央事務局より、認証・登録10年継続記念品と感謝状をいただきました。今後も適切な環境マネジメント体制のもと、環境保全活動に積極的に取り組んでまいります。

10kinen