大阪湾広域臨海海環境整備センターでは、「尼崎沖埋立処分場」、「泉大津沖埋立処分場」、「神戸沖埋立処分場」、「大阪沖埋立処分場」の4か所の埋立処分場を稼働させています。

廃棄物の埋立場所及び容量

埋立場所位置

尼崎沖埋立処分場(平成28年10月15日撮影)

尼崎西宮芦屋港
尼崎市東海岸町地先
amagasaki 20161015
土地利用及び規模
用途規模
ふ頭用地 15ha
港湾関連用地 28ha
工業用地 48ha
交通機能用地 6ha
緑地 16ha
合計 113ha
埋立場所位置

泉大津沖埋立処分場(平成28年10月15日撮影)

堺泉北港
泉大津市夕凪町地先
izumiotsu 20161015
土地利用及び規模
用途規模
ふ頭用地 20ha
港湾関連用地 52ha
交流厚生用地 16ha
工業用地 34ha
交通機能用地 9ha
緑地 72ha
合計 203ha
埋立場所位置

神戸沖埋立処分場(平成28年10月15日撮影)

神戸港
神戸市東灘区向洋町地先
kobe 20161015
土地利用及び規模
用途規模
港湾関連用地 66ha
交流拠点用地 3ha
緑地 19ha
合計 88ha
埋立場所位置

大阪沖埋立処分場(平成28年10月15日撮影)

大阪港
大阪市此花区北港緑地地先
osaka 20161015
土地利用及び規模
用途規模
港湾関連用地 9ha
交流機能用地 9ha
危険物取扱施設用地 60ha
緑地 17ha
合計 95ha